貴女の姿勢・歩き方・所作の意識次第で品格も磨かれる

姿勢も印象に繋がる!自分の姿勢の癖を知る!ことから

第一印象は、3~5秒で判断されます。
面接者など数多くの人と接する方は、
更に短い時間で【印象】を感じ取っているはずです。


【第一印象】
とは, お会いした瞬間なのでお話をする前です。

では、【第一印象】だけでいいのでしょうか?

ハッキリ言います!!
違います!!

第一印象は良かったのに、話していくと
その方の行動、態度、表情から
なんだか違和感を覚えてしまう・・・
このような経験も、多くの皆さんがあるはずです。

ですから【第一印象】だけを磨けば良い!
ということではありません。

同時にコミュニケーションの
【力】と【質】をあげていく
ことが
必要となるわけです。

コミュニケーションについての話は、
後日更新いたします。

さて、話は【姿勢も印象に繋がる!】でしたね。
【表情】などはある程度近づかないと、
どのような表情をして話しているのか?が分かりませんが,

【姿勢】【歩き方】などは
5~6m離れていたとしても姿・形から
姿勢や歩き方がキレイだな~と
好印象を与えることができます。

実は、
美しい姿勢や美しい歩き方・美しい所作を意識し
実践していくと、内面(心の状態)にも
とてつもなく、プラスの影響を与えていくのです。
姿勢や歩き方・態度や所作も全て

「非言語コミュニケーション」
非言語=内面(心の状態)は繋がっています!!

落ち込んでいる人、毎日起こってもいない出来事に
不安になっている状態の方で、姿勢がピンとして
歩き方が颯爽としている方は、まずいません。

また、これまで数多くのレッスンや
企業研修に関わってきた中で
「ご自分の姿勢が気になっている方」と
質問をすると
9割以上の方が手をあげます。

気になってはいるけれど どうしていいか?
わからない方が多いのです。
まず初めに!普段の姿勢の【癖】を知ることからです。

ご自身の【姿勢の癖】は、
普段意識しないと「なかなか、気が付かない💦」
あなたは真っ直ぐと思っていても、
第三者から見ると「歪んでいる」のです。


「姿勢の癖」に気づくための2つのポイント

まずは鏡に映し出すことから!
①等身大の鏡に自分の体を映し出す(360℃確認)

【check項目】
✓鏡に対して体が正面を向いているか?
※壁を背にして立つと真っ直ぐになりやすいです。
(後頭部・背中・ふくらはぎを壁につける)
✓顔がしっかりと正面を向いているか?
✓背中や腰がそり過ぎていないか?
✓目線を正面に向けた後、目線を骨盤に移動し、骨盤の高さ、
あるいは、左右どちらかの骨盤だけが前に出ていないか?確認する
✓横を向いて骨盤が真っ直ぐか?確認する

 

 

 

 

 

 

②自分の普段の姿勢を客観的に見る癖をつける
①のように鏡をみる癖・習慣をつけることです。
✓椅子に座る時の姿勢

 

 

 

 

 

 

※背もたれに思いっきりもたれたときのお尻の感覚と
正しい姿勢のお尻の感覚は違います!!
✓猫背になっていませんか?
✓普段どのように状態でイスに腰掛けることが多いのか?に気付く
✓立っている姿勢の時の体重のかけ方
同じ足ばかりに体重をかけすぎていませんか?
✓椅子に座った時に、背中や腰が反りすぎていませんか?
※姿勢を意識して、ついついそり過ぎてしまっている方もいます。
※背中や腰が反りすぎている方は、
胃のあたりがポッコリ出て幼児体型のように見えてしまいます。

等身大の鏡だけ見るのではなく
普段デパートやショップなど様々な場所で
自分の姿を映し出す鏡は身近にあります。
自動ドアが開く瞬間に自分の姿勢・歩き方が
シルエットとして映し出される瞬間も見逃さないでくださいね。

※椅子に座りながら姿勢を正して、意識して呼吸をすることで
ウエスト周辺がスッキリすることに繋がる
「ながら運動」をwalkingレッスンではお伝えしております。

歩き方・所作も印象に繋がる!

歩き方も非言語コミュニケーション=印象に繋がる!

スタートで
落ち込んでいる人、毎日起こってもいない出来事に
不安になっている状態の方で、姿勢がピンとして
歩き方が颯爽としている方は、まずいません。と
お伝えしました。覚えていますか?

そう、気持ちの状態は非言語に表れるので
当然「歩き方」にも表れるということなのです。

美しく歩く上で最も大切なのは、やはり【姿勢】です。
真っ直ぐな姿勢があってこそ、キレイに歩くことができる!
綺麗なお辞儀をすることができる!のです。

まずは、真っ直ぐに立ち、姿勢を正したら
足裏に意識を集中してください。

【checkポイント】
✓体重のかけ方、偏っていませんか?
✓足の指一本一本、地についている感覚がありますか?

✓一歩踏み出すときに踵から着地はしますが
思いっきり踵を叩きつけないようにしてください。
※足の運びは、図を参考にしてください。
内またの方は、膝が内側に向かいます。
内またの方は、女の子らしく可愛い印象を
与えるかもしれませんが

残念ながら【品格がある歩き方・立ち居振る舞い】という
印象を与えることは出来ません。

ガニ股の方は、膝が外側に向きます。
膝が外に向くということは、
歩くときに膝と膝の間から、向こう側の
景色が見えるため、女性的というより男性的な
イメージを与えてしまいます。
ヒールを履いてガニ股歩きの女性を見かけますが
見るたびに残念だな~と思うのです。

ということで、ガニ股歩きは、残念ながら
【品格がある歩き方・立ち居振る舞い】には、
程遠くなるのです。

若い時は【若さ(年齢)】で、カバーできます。

但し、年齢を重ねていくにつれて
【若さ】では、カバーできません。

大人として、女性として経験も知識も豊富になっていく中、【品格】が求められていくのです。

歳を重ねながら、自分に自信をつけるために、
意識して一つひとつの実践を
どれだけ積み重ねてきたか?が

【品格】が磨かれていくうえでの
重要なポイントの一つなのです。

歩いている時の横の姿
膝裏まっすぐ伸びていますか?
(ヒップアップに繋がります)
ローリングができていますか?
足裏も意識していますか?

正面からの歩き方
足の着地地点をしっかりと体に覚えこませること。
右足と左足が交互に入れ替わる時、膝と膝の隙間から向こう側の景色が見えないように意識して歩く

あなたの後姿も見られています。
360℃見られている意識も大切です。

所作が美しい人は落ち着きのある印象を与える
所作が美しい方の共通点知っていますか?

指先、足先まで全て意識をしています。
次に移る動作が【曲線的】です。
(力が入りすぎず、指先は品よく揃えられている)
携帯を持つときの意識
ペンを持つときの意識
ノート・バック・書類を持つときの意識
物を受け取る時、お渡しする時の動作も
物を指し示す時 etc.


全て【曲線的な動き】
イスにかけるときの仕草(指先の動き)

指先が柔らかいだけでなく
手首の動きも柔らかさが大事です。

全ての動作に置いて
どれだけ意識して実践をを重ねるか?なのです。

姿勢・歩き方・所作・立ち居振る舞い
全てを意識して実践し身に付けていくと
どこにいっても堂々と自己表現ができる
自分になれるのです!!
一つひとつの動作を丁寧に行うことで
心も磨かれていきます。
余裕がないと急いでいると
所作・立ち居振る舞い・動作も
全て【雑】になるのです💦

どんなにオシャレしたり
品格ある装いとヘアーメイクをしても
姿勢・歩き方・所作・立ち居振る舞い
を意識せず、これまでの癖・習慣が
雑であれば、そのまま非言語として出てしまい
印象もダウンしてしまいます。

装いと立ち居振る舞い・所作・歩き方・
姿勢で、自分らしい表現をしていく人生を歩めたなら
尚且つコミュニケーションスキルも磨かれ続けた
自分になれたら、この先の自分未来に期待が持てる
自分になれるのです。

だからこそ、この先の「なりたい自分」を
「自分の人生をどう過ごしたいのか?」を
具体的に明確にしていくことが大切です。

そして、どのように表現していきたいか?です。

大人の私たちは
【自分の人生に責任を持って】決断することができます。
大人が輝いて楽しい人生を過ごす姿を
未来を担う子供たちが、その背中を見て
「大人になることって、楽しそうだな~」と
自然に未来にワクワク期待が膨らむのです。

身近な大人が不安ばかり抱えて
その後姿を見ている子供たちは
どう感じるのでしょうか?
想像してみてください。

それぞれが、生きたい人生をリアルに思い描き、
実現させて充実した人生のレールを
しっかりとひいて行きながら、思いっきり自分の人生を楽しむのです(^^♪

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

カテゴリー