印象美人道 3つの柱磨き

【印象美人道】とは

生涯意識して学び続け身に付けてき、その【道】を究めていくことです。

「自分を知る・知り続ける」ことにも繋がります。

【外見力】を磨き続ける

《第一印象》

人は誰でも「初めての出会い/第一印象」があります。

「第一印象」って初めてお会いした方の記憶にずっと残ることを知っていましたか?

 

初めてお会いした瞬間「私たちの脳」は、無意識的に「この人は私にとって安全か?そうでないか?」の判断をしています。

全ての人は「第一印象」で感じ取ってきた(印象に残った)ことも全て脳にデータとして蓄積されており、それぞれ脳のフィルターを瞬時に通って判断されているわけなのです。

 

《外見力》

「外見力」を磨き続けるためには、お洋服選びの上で「なりたい自分イメージ」また「与えたいイメージの自分」を明確にし、どのような服のラインや素材・色だと「私の魅力を引き立たせてくれるのか?(なりたい自分)(与えたいイメージ)」などを具体的に考えることが大切です。

但し、「お洋服選び」だけではなく、《表情》《所作》《立ち居振る舞い》《歩き方》《姿勢》などもとても大切な「外見力に含まれる要素」なのです。

どんなに「私の魅力を引き立たせてくれる服」を着こなしたとしても、それらの服装以外が、「雑」であれば、「第一印象(イメージ)」が良くても、「第二印象」でイメージダウンしてしまいます。

だから、「外見力」の1つの柱を磨き続けること!「自分を知る」ことにも繋がりとても大切です。

【コミュニケーション力】を磨き続ける

人は人で磨かれる!と言われますが、その通りです。

私たちは生きていくうえで、人とのコミュニケーションが不可欠です。

様々な方とコミュニケーションを取っていく中で、時には上手くいかないこともあるでしょう。時には苦手な方と一緒に仕事や学校行事PTAなどでも一つの目標に向かって

何かをすることもあるでしょう。

私たちが普段よく使っている言葉「コミュニケーション」の「理論」や「印象」の法則を

理解し、その都度起こった出来事と繋げて考え、常に学ぶ姿勢でいると様々なシーンから「コミュニケーション」の「気づき」の連続の日々がおこり「学び」となります。

更に、「聴く力」を磨いていくことです。

「伝える力/話す力」も大切ですが、「聴く力」は、「自分の考えをいったん横に置くいて、相手の話に集中することで」相当なトレーニングに繋がるのです。

 

コミュニケーションには言語コミュニケーションと非言語コミュニケーションがあります。

 

第一印象は、非言語コミュニケーションが9割以上なのです。

だからと言って

「外見力」(服装・立ち居振る舞い・姿勢・態度などを)を磨いていたとしても

コミュニケーション力が磨かれていなければ、第一印象は良かったのにコミュニケーションが・・・という残念な結果になってしまいます。

言語コミュニケーションどのような言葉を選んでお伝えする

第一印象も良く、コミュニケーション力もとても高いと、またお会いしたい!仕事を一緒にしたい!という想いが残るのです。

 

【印象美人マインド】を磨き続けるとは

印象美人マインドとは「自分も相手も心地が良い」ということを常に意識していくことなのです。「服」で言えば、この洋服を着ると着心地が良くて気分が上がる・自信に繋がる・凛とした気持ちの切り換えになる、これからお会いする方がどのような方なのか?を情報を得て服装を選ぶ、など・・・・また、美しい所作・姿勢・歩き方・立ち居振る舞いを美しく一つひとつ丁寧に行動することで更に自信に繋がりますし、「自分を大切にしている」感覚も増していくのです。

自分で自分に心地が良いと感じる事も大切ですね。

「自分が心地良い状態ですと、表情や声のトーンにも醸し出されるので」一緒にいる

目の間の方も、心地が良いのです。目の前の方への心遣いでもあるのです。